かわべまゆみ ブログかわべまゆみカワベマユミ 河部真弓河部眞弓

こんにちは! かわべまゆみです。1999年に東京から島根県に夫のUターンにお付きIターンして参りました。
そこで待っていたのは、笑いが止まらないほどハッピーでエキサイティングな田舎暮らしの日々でした。

ブログ

●奈良県吉野町へ

内閣府の地域活性化伝道師として依頼を受け、奈良県吉野町に伺った。


「吉野」といえば・・
●吉野桜
●吉野杉
●吉野葛

と、全国的に知られるブランドを多く持ち、吉野・大嶺を含む紀伊山地の霊場と参詣道が、世界遺産にも登録されている、認知度のとても高い自治体である。


特に平成の合併以降、市町村名を聞いても、どこの県なのかわからないだけでなく、「そんな自治体あったのですか??」という様なところが多く、市町村名の認知度を上げるために、大変な苦労をされているところが多々ある中、とっても恵まれていると思う。


歴史的にも多くの伝説や物語が残されていて、たとえば、源義経が静御前と別れた悲恋の地としても有名。
「吉野山 峰の白雪 ふみわけて 入りにし人の 跡ぞ恋しき」
という静御前の歌は、ほんと、かわいそうで、泣けてきます。


そんな由緒と伝統のある吉野町さんに呼んでいただき、今回行くことが出来たのは、と~~ってもうれしかった♪
基本、奈良県って好きなのよね。
10数年前に、はじめて奈良盆地に来たときに、山々の稜線を見て、古代にタイムスリップしたような不思議な感じがした。古代の人も、この稜線を見たのだな~と思って、古代の人になった気がしてとても懐かしかった。
そして「まほろば」という言葉が、自然に浮かんできた。


「やまとは 国のまほろば たたなづく 青垣 山ごもれる やまとし うるわし」
ほんと、そのまんま!!
いい歌やね~~~。
日本人に生まれてよかったね~~。
ヤマトタケル大好きやね~~!!


あと、神社好きとしては、「大和国一之宮三輪明神大神神社」ははずせません。
10数年ぶりに、参拝をさせて頂きました。
ご祭神は、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)様。出雲の神様と、とても深いご縁のある神様でいらっしゃいます!


そして今回、私が吉野で一番楽しみにしていたのは、大尊敬!!というのも、おこがましいけれど、修験道の開祖「役小角(えんのおづぬ)さん」が開基した「金峯山寺(きんぷせんじ)」が、あるということ!!
ラッキーなことに、吉野町のご担当の方が、予約してくださったお宿から、本当にすぐそばで!!
1202zaoudou_R.jpg
行きました。感動した~~~!!!
1400年前に、ここに、役小角さんがいたのかと思うと、ワクワクするね!


ちなみに、ご紹介いただいたお宿「歌藤さん」は、地元の食材にこだわっておられ、お野菜は大和伝統野菜を使われているとのこと。


大和伝統野菜【片平アカネ】
1202akane_R.jpg
はじめて見ました!
お漬物にしたものをいただきました。


大和伝統野菜【 宇陀金ごぼう;】
PAP_0155_R.jpg
真ん中の大きなゴボウです。
「雲母(キララ)を多く含んだ土壌で栽培されるため、ゴボウに付着した雲母が光り、縁起物として正月のおせちにも珍重されている」とのこと。


と、まあ、相変わらず、神社仏閣巡り&グルメツアーかい?、と思われるのも何なので、仕事をしていたという証拠写真?も一枚。


今回は、コミュニティビジネスの事例として、石見問屋の取組を中心にお話をさせていただくという事で・・
1202semina_R.jpg
若旦那も一緒に登場!。この講演の様子は、地元のCATVでも放送されるとのことです。


ところで講演の後、参加者の方に夫は握手を求められたとのこと。(もちろん初めて)
万が一のために、現在、サインの練習も始めています。(うそです)


ところで、吉野というところは、実際に行ってみて、歴史や伝統はもちろん素晴らしいのだけれど、それ以上に、自然と人とが、とても良い形で、美しく共生しているというか、空気とか時間の流れの中に、瑞々しい息吹を感じることのできる、本当に素晴らしい、まさに「まほろばの里」、という感じがいたしました。


吉野葛のお餅や、お汁粉もおいしかった!!
今度は、桜の季節に、ぜひぜひ来てみたい。
日本人なら、一度は吉野の桜をみないとね!

日時: 2012年02月14日 11:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kawabemayumi.net/cms/mt-tb.cgi/2605

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)